疾風のクロマティごんくんのきっちり動画大国

アイドル動画ランク
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.アプリナビ
2.瀧波ユカリ
3.エキサイト着メロ
4.リアーナ
5.吉野マリ
6.ローリング・サンダー
7.ヤフオク
8.雪割りの花
9.ゼルダの伝説 時のオカリナ
10.生沢佑一

洋楽ランキング
ラウンドアップマックスロード 容量:500ml まず、除草剤の勘違いから説明します。 ラウンドアップを草の生える前の土壌に散布しても全く効果がありません。 高価なラウンドアップを捨てている行為と同じです。

ラウンドアップは雑草の葉っぱから吸収され、雑草全体を枯らすというメカニズムで動作します。 枯らしたい植物に薄めたラウンドアップ液を掛けるだけで植物が枯れます。 一度草を枯らしておけばそのシーズンに再度生えてくることはございません。

グリホサートをつかった除草剤の特許が切れ、ジェネリック製品が出回っています。 しかし、ラウンドアップも新しい製法で強力になっています。 私が使用した感じではジェネリックよりラウンドアップの方が効果があるように感じました。

渋祭~シブサイ 97年発表、渋さ知らズ通算5作目であり、ライヴ作品としては2枚目になります。音源は95年と96年のライヴの模様です。楽曲も有名どころがそろっていますし(シークレットを入れて全7曲)、
ライヴだからこそ超巨大型創作集団、渋さ知らズがよくわかる一枚ではないかと思います。私もこのエネルギーの分厚い塊、その音模様のサイケなデザインに圧倒されました。
フリージャズでありながらロック・エスニックあらゆる音楽を飲み込み、とてつもない音圧に大化けします。当に巨大化してゆくモンスターそれが渋さしらズ。

演奏のスタイルも超個性的。様々な楽器が奔放に演奏しつつ、ど真ん中には大きなメロディラインがどっかと鎮座し、しばしばユニゾンでどんどん増幅する神秘的な瞬間がありました。
またパンク的なジャイヴ感もあり、狂気という言葉もよく合いますね。彼らの単行本「渋さ知らズ」のレビューを参考にさせて頂きますが、著者は彼らの音楽を百姓一揆と定義したようです。
当に言いえて妙かもしれません。

序曲を除きどれも10分前後の楽曲。特に3「ライオン」は17分あります。しかしどんどん面白い展開となるので、新鮮さが続きました。そしてカオスな音楽なのに何故かどの曲も“いい曲”で“聴ける”んです。

カオスなのに、いい曲だと感じる、これが渋さ知らズに魅了された不思議な点です。
先ず、カオスだというのは、このバンドの底に流れているのは、やはりフリージャズだと感じるからです。例えば、オーネット・コールマンの『FREE JAZZ』や
山下洋輔(彼も渋さ知らズと競演した)の『キアズマ』を想起しました。恍惚と狂気の乱舞です。

ところが、同時に渋さ知らズはわかりやすくて、旋律の輪郭はつかみやすいんです。歌謡曲からインド的なものまでミックスされたようなメロディのうねりがあります。
それが上述のようにユニゾンされるんですね。これが“いい曲”の鍵でしょう。また、その音に感じる思念は若々しくてシンプルです。そしてとにかく分厚い。
だからジャズなんかわからなくても、頭空っぽにして心地よくトリップしちゃえるのだと思います。この辺りがフリージャズだけど“いい曲”だし“聴ける”という答えです。

私にはそのエネルギー、関西弁で言う「いてまえ!」という感覚と重なりました。或いはガンガン音をしばき倒す様から、いてまえ打線と例えたくなります。何故なら、混沌や無秩序の中から
圧倒的に前に迫ってくるリビドーが、一つの秩序を形成している質感があるからです。そこに渋さ知らズの美しさもみたような気がします。
美しいと言えば、この音の独特さに対する「何だこれは!?」という質感は岡本太郎の絵のようでしたし、太郎の原色の色彩や奇妙な構図の絵が音になっていくかのようにも思われました。

さてライナーの写真に1994年4月9日同志社大学田辺校舎、多目的ホール前でのライヴ風景が映っています。主催者の宣伝ビラには「渋さ貫徹!田辺爆砕!」なる文字があったそうですが、
そういえば「自治貫徹」という言葉は田辺のBOX棟だったか旧学生会館のどっちかに落書きされてたような。懐かしいなあ。因みに後方に写ったオブジェが爆発炎上してしまうという出来事があったそうです。

優駿の門-ピエタ 11 (プレイコミックシリーズ) このシリーズは一体何のために書かれたのかさっぱり解りません。日本の馬が海外ブランドの進出でガタガタ、一切勝てなくなり、それを優馬とピエタが救おうという、あまりにも中身のないただ荒唐無稽な展開。各々のキャラクターの持ち味の良さだけでそれなりに読めはしますが。このシリーズの救いはピエタの存在だと思います。生い立ちから来る暗さを微塵も感じさせず、おおらかで堂々としたスケールの大きな馬として描かれています。モデルはミホノブルボンとディープインパクトを足して2で割ったような感じゃないかと思います。最初のシリーズ、ボムクレージー以来この漫画の大ファンになったのですが、一体これからどう続いていくのでしょう?
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アニメ動画ランキング

today:002 yesterday:003
TOTAL:8521
Ads by Sitemix